SSDのアライメントを調整しました

こんばんは。Knot_foundです。

だいぶ日が開いちゃいましたが書きます。

 

 前回、推奨機をSSDに換装した後OSやアプリの起動が速くなりそのついでにWEI(WindowsExperienceIndex:PCの性能を比較する上で一つの指標になる)を再評価して更新しました。が、一回目に評価するとHDD時代の5.9から変わりませんでした。

 バグかなと思って二回目やってみましたがやはり変わりませんでした。体感速度は確かに速くなってるからおかしいなと思ってるとふとアライメントのことを思い出しました。

 

NAND/AFTにおけるパーティションアラインメント問題のまとめ - Lansenの現実逃避日記 (id:Lansen) http://d.hatena.ne.jp/Lansen/20100724/1279973697

 

ここではかなり詳細に書いていらっしゃるので簡略すると

・XP以前のOSでSSDをフォーマットした場合や今回の僕のようにHDDからSSDにディスクイメージを普通に書き写しただけではオフセットと呼ばれるパーティション開始の論理セクタがずれてしまう。

・現在のHDDやSSDなどで採用されているアルゴリズムなどでオフセットがずれたままファイルの書き込みを行うと余分な書き込みが発生してしまう

・この余分な読み書きが全セクタにおいて起こるためせっかくのSSDの全力が発揮できない

ということになります。

 

このアライメントはWindowsVista以降のOSをSSDなどに新規でインストールする場合(メーカー製のPCも同様)などには自動的に調整されるため、特に調整が必要ないのですが今回のようにアライメント調整に対応していないバックアップソフトなどでHDDからSSDにイメージの書き込みを行うと速度低下が起こります。

 

よってアライメント調整に対応しているバックアップソフトでもう一度HDDの降るイメージを取り直しました。

EaseUs | EaseUS - 信頼性の高いバックアップソフトならEaseUs の「Todo Backup」 http://backup.easeus.jp/

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se501336.html

「EaseUS Todo Backup Free 日本語版」 http://t.vector.jp/8v0

EaseUS Todo Backup - 窓の杜ライブラリ http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/

 

やり方は次のリンクなんかを参考にしたらいいと思います。(決してスクショを撮ってくるのがめんどくさいとかそういうのではなく)

http://tvcap.fc2web.com/easeus-todo-backup/ver70/easeus-todo-backup70.html

 

それでクローンしなおしたあとのスコアがこちらになります。

 f:id:masakinishime:20141229004836p:plain

いやあもうHDDとは段違いですね。今までPCの起動に40秒ちょっとかかっていたのが30秒以内に確実に起動するようになりました。もちろん各種ソフトの立ち上がりも一瞬です。8000円もせずにこのスピードを手に入れられるようになり、耐振動性やバッテリー持続時間の向上など大きなメリットを受けることができるので皆さんも予算があれば試してみるといいと思います。(めんどくさいっていう人は素直にSSDの乗ったPC買った方が早いかも)

 

この件に関して何か質問があればこのブログのコメントなどでお気軽にどうぞ!