Windows10+(Crucial) SSDな環境でディスクの使用率が100%になってハマった話

皆さんこんばんは、Knotfoundです。
今回は前回の続きではなく最近知ったことを書きたいと思います。

以前書いたかもしれませんが、メインのノートパソコンのストレージをSSDに換装していて5年前のマシンでも気持ちよく使っています。
それでWindows10を使っていたのですがふとWindows7に戻してしばらく使いそれからまたWindows10にアップグレードしました。
10を起動してしばらく使っているとChromeが新しくページを読み込まない、終了もできない、タスクマネージャーも起動しない、電源を切ろうにもスタートメニューが反応しないなど、
普通のフリーズではなくだんだん死んでいく症状が発生しました。
しかたなく電源ボタン長押しで強制終了したあと今度はタスクマネージャーを起動させて監視してみることに。
すると、起動させてしばらくするとディスクの使用率が100%になりました。このとき、ディスクの読み込み/書き込みはほとんど0です。また、パソコンのインジケータもストレージのランプが
全く点灯しないことを確認しました。(今思えばこれが伏線)

アップグレードではなくクリーンインストールをして様子を見たりドライバーを変えたりしても症状は改善せず・・・

前にSandyBridge世代のマシンはIntelや各種メーカーがWindows10をサポートしないとの情報があったのでそれが原因なのだろうか・・・と思い半ばあきらめて7を使っていました。

しかし昨日ふとしたことから再びWindows10にアップグレードし、この謎に挑戦しました。
タスクマネージャーを起動させ、症状が再発することを確認してから少し考えました。
「7を使っている間は無事に使えて10にするとだめならSSDファームウェアが悪いんじゃないのかなー」
Crucialのホームページへ行きCrucial Storage Executiveを落としてインストールしたあと起動。Javaのアプリが起動してブラウザから操作してファームウェアを更新しました。
(ファームウェア単体のイメージもあったけどそれはCDに焼かないと使えないみたい?)

そして再起動すると無事・・・・・・

再発!!!!

ファームウェア更新してもだめという事実に絶望しつつ「MX200(SSDの型番) Windows10」で情報を探してみると海外のフォーラムで同じ症状に遭ってる方を発見。読み進めてみると
LPMという単語を見つけそれを検索ワードに加え、さらに調べてみると原因がやっとわかりました。


現在主流のSATA規格に準拠しているHDDやSSDにはLPMと呼ばれる省電力機能があります。そのLPMの制御方法には2つあり、HIPM,DIPMと呼ばれるものです。
HIPMはOSなどから制御する方法で、DIPMはHDDやSSDなどから直接制御する方法らしいです。
詳しくはこちらの記事にあります。(http://marosama.blogspot.jp/2010/01/sata-lpm.html)

僕のSSDにもその機能はありましたが、HIPMはサポートされていませんでした。
今回の原因はこのHIPMにSSDが対応していないにも関わらずOS側からそれを制御しようとし、不具合が発生してSSDへの給電が止まり
ディスクへアクセスが必要なプログラムから順番に死んでいった・・・と思われます。


このLPM回りの問題への対処方法はいくつかあるようですが僕が使っているマシンは次の2つが使えるようです。

1.レジストリにキーを加え、電源オプションの項目からHIPMをカットし常に給電させる、またはDIPMを有効にする。
2.BIOSSATAの項目でRAID OnモードからAHCIモードに変える*

*これは既にOSがインストールされている場合だとモードを変えることによってSSDにアクセスできなくなる場合があります。やるとしたらOSのインストール前ですね。
なので1の方法を行いました。

こちらの記事(http://karat5i.blogspot.jp/2014/09/ssd.html)にあるテキストデータを適当なエディタにはっつけて.regファイルとして保存。

 

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\0012ee47-9041-4b5d-9b77-535fba8b1442\0b2d69d7-a2a1-449c-9680-f91c70521c60]
"Attributes"=dword:00000000

 

↑がテキストデータです。

その後実行してレジストリに追加して再起動。(もしかしたらしなくてもすぐ反映されるかもしれない。)
次にコントロールパネルから電源オプションから今アクティブになってるプランを編集。(プランの設定を変更)

f:id:masakinishime:20160312210355p:plain

画像の「AHCI Link Power Management - HIPM/DIPM」のバッテリ駆動、電源に接続をそれぞれDIPMまたはActiveに設定しOKで保存。
(ノートパソコンの場合、Activeだとバッテリーの消費が早いのでDIPMに)
念のため再起動すると・・・

無事改善!!!!!

感動ですね。そういえば一時期入れていたWindows10がしばらく使えていて途中から不具合をおこすようになったのはインストール前にBIOSの設定をたまたまAHCIモードに変えていたのを
RAID Onモードに変えていたからでしょうね。それと最初に買ったSSDに8.1をクリーンインストールした時にも同じ症状が起きたのですがおそらく同じ原因だと思われます。
何はともあれこれで快適なWindows10ライフが送れます。

そして最後に。

新しいパソコンを買ったほうが楽。それとWindows10はいいぞ。

 

P.S.

せっかくなのでCrucial Storage Executiveの中にある一時キャッシュなるものを有効にしてみました。(RAMをキャッシュにすることで大幅に高速化 + SSDの延命にもつながるようです。)

その上でベンチをとると・・・

f:id:masakinishime:20160312210624p:plain

ヒャアアアアッホウウウウウ最高だぜえええ!!!!!